教員から見た学校と子供の話をしよう

学校に勤める中で経験した事。それについての考察を発信しています。同業者はもちろん、子供が何を考えているのか分からない保護者や、友達について理解したい子供に役に立つ情報を届けます。(元タイトル:空の深さを知る)twitter : https://twitter.com/j78wtQKi66jYUIR

あいつと仲良くなりたい。笑顔を向けてほしい。返報性の原理とは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

どうも。空蛙です。

普段うちの部活は、主顧問と僕の二人で見ています。

ですので、僕は忙しい休日は部活を休ませてもらっています。

そういう時は次の月曜日に主顧問に一声かけます。

 

僕 「この前の土曜日、ありがとうございました。」

 

 

 

 

 

主顧問 「感謝されるようなことしてないから。君は何に感謝してるつもりなの?」

 

 

 

 

僕は「おお、なんか怒られたな」と思いながら、次の週も部活を休みました。

そしてまた月曜日、僕は汚名を返上しようと、こう言いました。

 

僕 「この前の土曜日はご迷惑をおかけしました」

 

 

 

 

 

 

 

 

主顧問 「迷惑かかってないから。お礼言うとかならまだ分かるけど。適当に言葉使わない方がいいよ。来週も休んだら?」

 

 

 

僕は、「こいつめっちゃ俺のこと嫌いやん」と思い、凹みました。

しかし、同じ部活の顧問どうしでいがみあうのは良くないと僕は思います。

どうにかして関係を修復しないといけません。

少なくとも笑顔で会話できるくらいにはなりたいです。

 

 

 

 

 

ある人と仲良くなりたい。

ある人に笑顔を向けてほしい。

人はどうしても他人に何かを期待してしまいます。

 

senryharami.hatenablog.com

 

そんな時、自分を変えなさいと教えてくれたのがアドラー心理学でした。

では、笑顔がほしい場合どう自分を変えていけばいいのでしょうか。

 

 

 

 

 

返報性の原理というものをご存知でしょうか。

あなたが人から何か物をもらったときに、何かお返しをしようと思いますよね?

人によっては、お返しをしなければならないとさえ思うかもしれません。

このような心の働きを返報性の原理といいます。

つまり、お返しの精神のことですね。

 

 

 

 

 

この返報性の原理、相手の心理に強力な束縛力を発揮します。

どれほど強力かというと、あなたの恋愛感情を操られてしまうほどです。

「この人私の事好きなのかも・・・」

と思っていると、いつの間にか相手を好きになってしまう事ありますよね。

これは心理に、「相手から好意をもらったから、好意を返さなければならない」という働きがかかるからです。

このような心理的な反応は、返報性の原理によるものなのです。

 

 

 

 

 

 

いいですか。

相手に笑顔になってほしい。

そのために、自分が変わりましょう。

 

どう変わるのか。

賢いあなたならもう分かるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の笑顔がほしければ自分が笑顔を相手にあげるのです。

笑顔をもらった相手は、返報性の原理により何かを返さなければならないと思います。

よってあなたに笑顔を向けてくれるようになります。

 

 

 

 

 

これは、笑顔だけにあてはまりません。

相手から何か欲しいものがあるとき、まず自分がそれを差し出すこと。

そして強力な返報性の原理を使うこと。

そうすれば、欲しいものが手に入ります。

ぜひこれから活用してみてください。

 

 

 

 

 

後日、僕は主顧問の先生に笑顔を振りまいてみました。

すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんか気持ち悪いね」

と笑顔で言ってもらえました。

 

 

 

 

 

おわり。